館内は禁煙・飲食(持ち込み)禁止となっています。

目次

開館時間

時間が変更になる場合がありますので、開館カレンダーをご確認下さい。

通常(月曜日~金曜日) 8:30~21:00
土曜日 10:30~18:00
春・夏・冬季休業期間 8:30~18:30
試験期間中特定の日曜日 9:00~17:00

休館日

  • 大学休日(日・祝日、年末年始、夏季特別休業期間)
     但し、定期試験期間中特定の日曜日は開館いたします。
     開館カレンダーをご確認ください。
  • 館内整理・システム保守のための休館日(月1回程度・事前に広報)
  • 館長が必要と認めるとき

入退館

  • 利用者は利用証(学生証)を機械に読み込ませて自由に入館できます。
  • 当館では、図書無断持出防止装置を設置しています。
    • 図書館資料を帯出するときは、必ず貸出手続きをしてください。
      (貸出手続きをしないで出口のゲートを通りますと警報が鳴り、バーがロックされて通過できません。)
    • 尚、金属製のもの(携帯電話やノートパソコン等)やレンタルビデオショップの商品等に反応することがございます。悪しからずご了承ください。

資料配置

館内には次のとおり資料が配置されています。(下記以外にも、各学科・研究室にも資料があります。

図書

  • 利用頻度の高い約70000冊を2・3階開架閲覧室に、それ以外を地階閉架書庫に配置しています。分類表(新訂9版)
  • 視聴覚コーナーは1階にあります。
    分類は主題順でそれぞれ配架されています。

参考図書

辞書・百科辞典・目録・白書等の参考図書は、3階参考図書コーナーに配架されています。

雑誌

最新1年分を2階雑誌コーナーに、バックナンバーを地階閉架書庫に配架しています。

貸出・返却

学生は、学生証が図書館利用証となります。

貸出

図書館利用証と貸出希望の図書を、1階受付へ提出してください。

身分貸出冊数貸出期間延長回数延長日数
学部学生 6冊 2週間 1回まで 2週間
卒研生(4年生) 8冊 3週間 1回まで 2週間
大学院生 10冊 3週間 1回まで 2週間
教職員 20冊 1ヶ月 1回まで 2週間
その他学内者 4冊 2週間 1回まで 2週間

禁帯出資料

  • 逐次刊行物(雑誌・新聞)・参考図書・特殊図書は原則として貸出できません。
  • 地下閉架図書を利用されたい場合は総合1階受付に申し出てください。

返却

  • 貸出図書は返却日までに1階受付へ返却してください。図書館利用証は必要ありません。
  • 期日までに返却していない図書が1冊でもあれば新たに借りることは出来ません。
  • 資料を汚損・紛失した場合は、規則により同一資料を弁償していただきます。
  • 開館時間外の返却は図書館玄関前の返却ポストをご利用ください。(返却日は次の開館日になります)

延長

  • 貸出図書は返却期限内であり、かつ他の利用者の予約がなければ1回だけ貸出を延長できます。図書館利用証と延長希望の図書を1階受付へ提出するか、 マイライブラリより延長を行ってください。

予約

貸出している本の予約が出来ます。

予約方法

  • 1階受付、または『OPAC 図書・雑誌検索』よりご予約ください。
    ※OPACを利用する場合は
     検索結果詳細の『予約/取寄』ボタンを押してください。
     マイライブラリのIDとパスワードが必要です。
     取得していない方は、1階受付に申し込んでください。
     即時発行します。
  • 予約本が返却された場合、図書館より連絡を致します。
  • 詳しくは1階受付へお尋ねください。

延滞

  • 返却期限を過ぎると、延滞期間に応じて一定期間貸出を停止いたします。

相互利用

詳細はこちらへ

  • 利用したい本が本学にない場合、入手が困難な場合は他大学図書館から借用ができます。
  • 本学で所蔵していない図書や雑誌等の一部を複写したい場合、所蔵している図書館に複写を依頼することができます。
    なお、文献複写料及び送料は自己負担となっています。

図書リクエストについて

図書館に所蔵していない図書を購入希望することができます。
リクエスト申込書(学生・教職員用)、または、館内に記入用紙がありますので、ご利用ください。

視聴覚コーナーについて

視聴覚資料(DVD・BD・ビデオ等)の利用は図書館利用証を持参し、
1階受付に申し出てください。予約はできません。
原則、館外貸出もできません。ご了承ください。

    注意事項
  • 鑑賞は必ず図書館備付けのAV機器を使用してください。
  • 視聴覚コーナーのブースに個人の「PC」や「再生機器」等の持ち込みはできません。
    個人のPC等は1階のコインロッカーに保管してください。
  • AV機器に問題が生じた場合は、直ちに図書館職員へ届けてください。

著作権について

著作権法(31条)が定める範囲で、図書館所蔵資料を複写することができます。複写の際は以下の事項を遵守してください。

  1. 著作物は全部でなく、一部分を複写依頼すること。
  2. 定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部であるが、発行後相当の期間を経たものに限ること。(次号が既刊となったもの、または発行後三ヶ月を経たもの)
  3. コピー部数は一人について一部のみであること。
  4. 利用者の調査研究のためであること。
  5. 有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと。

大学図書館における著作権Q&A 第8版

利用上の注意

  • 利用の終わった図書館資料は必ず元の位置に戻してください。
  • 図書館では公共の場所でのマナーを守ってください。
  • 利用規則に反した場合、図書館の利用ができなくなることがあります。

卒業生の方へ

当大学の卒業生の方は、図書館をご利用いただけます。
詳しくは卒業生の方へ

旧職員の方へ

旧教職員の方は、図書館をご利用いただけます。
詳しくは学外の方へ

一般の方へ

当館所蔵資料の閲覧として図書館をご利用いただけます。
詳しくは学外の方へ

但し、定期試験1週間前から試験終了日までのご利用はご遠慮ください。

高等教育コンソーシアム熊本

高等教育コンソーシアム熊本に本学も加盟しています。県内15の大学・短大・高専の各図書館の窓口に「学生証」を呈示することで図書等の閲覧と複写ができます。 詳細はこちらへ

加盟している高等教育機関

崇城大学 熊本大学、熊本学園大学、東海大学九州キャンパス、
熊本保健科学大学、中九州短期大学、熊本県立大学、九州看護福祉大学、
九州ルーテル学院大学、尚絅大学、平成音楽大学、熊本高等専門学校、
熊本県立技術短期大学校、放送大学熊本学習センター